SEのなり方

晴れて入社できたものの、最初はプログラマーです。SEになるまでのステップアップ方法教えます。

投稿日:

IT業界入りしただけでは、SEではありません。

最初は、プログラマーやテスター、よくてSEのアシスタントです。

ここからが重要で、少なくともSEまでは、成長する必要があります。

現役SEである管理人が、「SEになるまでのステップアップ方法」教えます!

IT業界入りした直後のポジションと仕事

未経験からIT業界入りした直後のポジションは、プログラマーもしくはテスター、よくてSEのアシスタントです。

プログラマー

SEが作る設計書を見て、プログラミングをします。
一年中プログラミングしているわけでなく、SEが設計中は、仕様なり技術要素の調査をしたり、プログラミングが終了したら、テストを実施します。
テストにおいてバグが発覚したら、調査・改修に追われます。
実際にコードを書いている時間というのは、一年のうち、3分の1程度ぐらいのもんでしょう。

ある意味、システムなり、サービスを作る主役とも言えますが、裏を返せば、労働者です。
建設業で言うと、土方です。
IT業界では、一番の下っ端となり、給料も安いです。

IT土方なんていうキーワードは、プログラマーたちの苦労を現したものです。

なお、例外はいます。
まず、天才プログラマーたちです。
特殊な分野や技術を保有するとか、信じられないほどのスピードでプログラミングする、凡人では思いもよらないアルゴリズムを作れるとか、特殊な能力を持っている人たちです。
魔法使いのようなので、ウィザード級と呼ばれます。この人たちは、プログラマーであっても、高給であります。

次に、SEPGです。
SEもするし、プログラミングもする人たちです。
自分で要件定義して、設計して、実装して、試験して、運用することができる人たちです。
小さなシステム・サービス開発に多く、ベンチャー・スタートアップに多いです。
待遇はもちろんSEと同等のものとなります。

最後に、SEとしてやっていける能力があるが、プログラミングが好きなので、プログラマーで生きる人たち。
たまにいます。これはこれで、好きな事を仕事としてやっていくので幸せです。
待遇は、プログラマーとなりますが、本人納得の上なので問題ではないでしょう。

テスター

システム開発において、大半の時間は、テスト・試験となります。
短くとも全工程の3分の1は、テストです。

テスターとは、テストを専門に行う人たちです。

簡単と思うかもしれませんが、技術、テクニック、スキルを必要とする仕事です。

システム内に100個のプログラムが動くとします。
この100個のテストをしてください。と言われたら、どうやってテストしますか?

そのテストで見逃したバグは、世にでます。そして障害を生みます。
問題なく運用できることを証明するテストをしないといけません。

だいたいテストチームを結成して、テストについても計画・設計します。
網羅性、信頼性等、いろんな角度からのテストがあり、テスターというのは、このテスト設計、テスト計画に従って、もくもくとテストをこなす人たちとなります。

テスターは、下っ端、作業者です。

例外としては
テストの計画、設計を行うテストエンジニアです。
SEのようなもので、テスターの上の職種となります。
テスト専門の会社もあります。

システムが大きくなればなるほど、テストの重要度、難易度もあがります。
品質を確保する上で、とても重要な領域です。

なぜにSEまでステップアップしないといけないか?

まず、プログラマーやテスターというのは、一部の例外を除いて、IT業界の一番下っ端で、給料が安いからです。

給料を上げるためには、いち早くSEになる必要があります。

次に、IT業界における高いポジション、高給なポジションというのは、SEの先にあるからです。

通常の会社、組織における管理職の他に、IT業界では、PL、PMといった管理系のポジションがあります。
また、コンサルタントや、経営領域においても、最高技術責任者(CTO)といったポジションがあります。

これらの上位のポジションに行くのは、SEを通過する必要があります。

SEPGを除き、SEより上のポジションに行くと、プログラミングすることはなくなります。
プログラミングすることが好きな人は、プログラマーで留まることもあります。

SEにステップアップする方法

さて、本題のSEにステップアップする方法ですが、レベル別に解説します。

レベル1:駆け出しのプログラマー

自分が作ったプログラムは、仕様や設計面も理解していることでしょう。
まわりの、他の人が担当しているプログラムも、見て理解します。

駆け出しのプログラマーが担当するプログラムは、ほんの一部でしょう。
もしかしたら、一部すぎて、そのプログラムがなにをするものなのか?解らないぐらい一部です。
関連するプログラムや機能を見て、自分のまわりから機能を理解します。

あなたが担当した業務なり、機能の全てのプログラムを見て理解してください。
また、人によって、プログラムの特徴があるでしょう。
力のあるプログラマーのプログラムを見ます。そして真似ます。
駆け出しのPGは、勉強するより、優秀なプログラマーのソースを見て、真似たほうが力がつきます。

目標として、自分の担当プログラムでない部分であっても、自分が所属するチームの機能であれば、だれかに「あれはどうなってるんだっけ?」と聞かれたら、「こんな風になってますよ」って、返答できるようになってください。

レベル2:普通のプログラマー

駆け出しのプログラマーを卒業し、普通のプログラマーとなりました。
担当するプログラムもいくらか増えたでしょう。
もしかしたら、1機能をまるまる担当することもあるでしょう。

設計に手をだします。
手を出すといっても、お手伝いからです。

プログラミングは、SEが設計した設計書に従って、実装します。その設計書を作っているSEのお手伝いをします。

まず、客先との打ち合わせがあったら、荷物持ちでも、議事メモ取りでも、なんでもいいので、連れてってもらいます。
SEがやってること見てきてください。

次に、小さな改造や変更があったら、設計させてもらう。
設計書ができたら、内容は、SEにレビューしてもらいましょう。

通常、SEというのは多忙です。少しでも、設計ができる人がいる、手伝ってくれるというのは、ありがたいものです。

SEになったその先

未経験者がプログラマーやテスターを経て、晴れてSEになったとします。

システムやサービスの開発において、お客さんと打合せして仕様を決めたり、設計書を作って、プログラマーに指示を出したり、SEとして活躍していると、そのうち、その先のポジションに挑戦してみないか?という声がかかります。

IT業界は、SEは、中間ポジションです。まだまだ労働者の枠の中です。

優秀なSEのその先は、PL(プロジェクトリーダー)やPM(プロジェクトマネージャー)といったリーダ職やマネージメント職です。

PLやPMはとても大変ですが、高給となりますし、大変な分、やりがいもあります。

また、1人前のSEになったら、コンサルタントやフリーランスに転身といった選択肢も増えます。

「SEになる。」というのがゴールではなく、SEになった後こそ、いろんな道、生き方が選べるようになります。

以上 「晴れて入社できたものの、最初はプログラマーです。SEになるまでのステップアップ方法教えます。」

-SEのなり方
-, ,

Copyright© SEのキャリアップフォーラム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.