異業者から システムエンジニア

SEのなり方

異業種からシステムエンジニアになる。前職の経験を活かした領域に転職すれば、最強のSEになれます。

2019年3月15日

 

管理人
エンジニア半分、ブロガー半分。
複業フリーランスのhillpointです。

 

まず、現在、どんな職業であっても、システムエンジニアになれるか?と聞かれると

システムエンジニアになれます。

システムエンジニアというのは、学歴や資格等を必要しない職種であり、IT系すなわちシステム開発やサービス開発に携わる仕事を続ければ、誰でもなれます。

ただし、勉強と苦労はあります。

今、異業種で働いていて、給料が低いとか、将来が不安とか、IT関連の仕事につきたいという人へ。

システムエンジニアには誰でもなれるので、0からスタートするのも良いですが、せっかくなら、今の職歴の経験、ノウハウが活かせる会社なり領域に入れば、その領域の最強のシステムエンジニアになることも可能です。

職業別に解説します。

職業別に前職の経験が活かせるIT系の領域

営業や企画といった総合職

異業種からシステムエンジニアになるのに一番適している職種だと思います。

なぜなら、システムエンジニアというのは、思っているより、お客さんや関係者と話をする仕事なんです。

要件定義、仕様打合せなんかは、お客さんとべったりです。

そして、求められるのは、常に提案ベースであり、営業の側面があります。

営業力を持っているシステムエンジニアだなんて、素敵すぎます。

すぐに売れっ子になります。

また、IT業界においても、当然、営業・企画といった職種の方がおりますが、特に活躍するのは、システムエンジニアあがりの営業です。

彼らは技術営業と呼ばれ、エンジニアとしての経験をもとに、よりお客さんのニーズや業務に近いところで営業します。

営業は向いていなかったとか、成果が出せなかったなんて人も、営業時代に得たノウハウを持って、システムエンジニアになれば、一歩抜きんでたシステムエンジニアになれます。
 

電気・機械といった領域のエンジニア

次に、異業種からIT業界入りが適している職種だと思います。

エンジニアとして、ソフトなりシステムなりを使った経験があると思います。

今まで使う側だったノウハウを持って、それを作る側にまわるといいです。

電気・機械といった領域のITエンジニアは、IT系の技術に加え、電気や機械のより詳しいノウハウが必要となります。

そして、それらは往々にして、難しい。

例えば、電気、電力業界です。

電気・電力業界には、多数の大型システムが導入されます。

これらを作るのは、当然ITエンジニアですが、電気のこと、電力のことを知らずには、システムは作れません。

この領域のシステムエンジニアは、システムに関する勉強に加え、電気、電力に関する勉強をし、5年〜10年経験をつみ、1人前のシステムエンジニアとなっていきます。

そうしないと、お客さんとの会話もままならないんです。

そして、これらの経験、ノウハウは、簡単には得られないものです。

すでに電気・機械の知識、ノウハウを持っている場合、その勉強無しに、システム開発の知識だけ習得すれば、システムエンジニアになれるわけです。

また、前職の電気・機械の知識、ノウハウを活用すれば、より踏み込んだ物作り、提案ができるわけであり、最強のシステムエンジニアになれます。

電気・機械の他、化学や医療系、金融系なんかも同様です。

これらの領域は、システム開発の知識に加え、その領域の専門知識が無いと仕事にならないのです。
 

建築・土木に携わる職業の方

意外かもしれませんが、建築・土木に携わる職業の方も活かせるノウハウがあります。

大規模なシステム開発を行う場合、何十人、何百人という体制で開発を行います。

関係する会社も複数社です。

そしてそれらの会社の下に、下請け・孫請けといった会社やフリーランスが連なり、大きな体制となります。

IT業界の、このような大きなものを作る仕組みは、建築業界の仕組みをマネしているからです。

言ってみれば、IT業界におけるプロジェクトマネージャーなんかは、現場監督のようなものです。

システムエンジニアは、設計技師です。

プログラマーは、土方です。

IT土方という言葉がありますが、まさにそれです。

IT土方なるエンジニアを監督すること、統率するなんてことは、建築・土木業界で経験ある方であれば、楽勝かもしれません。

ITエンジニアはどちらかと言うと、大人しくて、従順ですから。

大きな現場で、システムエンジニアとしての修行を積み、プロジェクトマネージャープロジェクトリーダーといった管理・監督の必要な職種へのステップアップができます。
 

少し特殊ですが、異業種から参入したら面白そうなIT系の領域

スポーツ選手

プロスポーツの世界で、IT技術を取り入れ、データ分析やマネージメントを行い、成績アップを狙うといった手法は、今や当然の活動だと思います。

また、このような活動を行う会社もあります。

スポーツ選手がシステムエンジニアになり、この領域で今までの検地を活かし、IT技術で選手の成績をアップさせる。

めちゃ、面白そうです。
 

メディア系

出版・報道・テレビ・音楽・マンガといったところもIT系のサービスが多数ありますが、まだまだ日進月歩であり、開発しまわっています。

また、ITで実現できるのは、コンテンツを届ける仕組みであり、IT業界においても、コンテンツ IS KING。

メディア系の出身者がコンテンツを扱えるのなら、IT業界は歓迎するように思います。
 

ちょっと苦しいけど、無理矢理、前職のノウハウを活かすなら

飲食

レシピをコンテンツとしたCooK Padや飲食店に検索サービスの食べログといった飲食に関するサービスも、いっぱいあります。

これから3Dプリンターを利用した食品なんかもでそう。

この領域のエンジニアが生まれるんじゃないかな?

 

教育・先生

オンラインスクールに合致します。

ただ、授業を撮影して、見れるだけじゃなく、理解度の確認や改善、より効率的な学習等、いろんな開発の要素があります。
 

運輸・乗り物

電車・バスの運行管理システムやカーナビ、渋滞予測、抜け道検索といった地図系のサービス開発なんかに向きそうです。

今後、自動運転が現れてくると思いますが、これらのメンテを行うエンジニアなんかも発生しそうです。
 

事務・アシスタント系

事務系のソフトっていっぱいあります。

それらの開発。

大きな会社であれば、基幹系システムの開発にも経験が活きそうです。
 

保安

無理矢理ですが、IoTを駆使したスマートロックや遠隔監視とか、無人での防犯対策システム開発に向きそうです。
 

葬祭・宗教

ネットと写真や映像を使って、バーチャルな葬祭なんか、面白いかもしれません。

笑い事ではなくて、ペットのお墓ビジネスなんかは、ペットの写真や動画を保存しておくといったサービスありますからね。
 
以上 「異業種からシステムエンジニアになる。前職の経験を活かした領域に転職すれば、最強のSEになれるかもしれません。」でした。

いずれにせよ、システムエンジニアは、システム開発のプロではありますが、そのシステムを使う人たちの知識も必要で、システムが特殊であればあるほど、ノウハウが無く、困るんです。

なので、特殊な職種の人こそ、IT業界入りしたら、重宝される可能性は多いにあります。

-SEのなり方
-, ,

Copyright© Career Up Forum , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.