ITエンジニアになるための最低限必要なスキルセット

ITエンジニア超入門

ITエンジニアとして、こればっかりは、できんと困る。最低限必要なスキルセット

 

hillpoint
ITエンジニア半分、ブロガー半分。
複業フリーランスのhillpointです。

 

私、ITエンジニアとしては、10年以上、フリーランスとしても、3年目となりました。

会社員時代は、プロジェクトマネージャーしており、延べ500名以上のエンジニアの面談・採用を見てきました。

そんな経験から、ITエンジニアとして、こればっかりは、できんと困る、最低限必要なスキルセットはこの通りです。

・パソコン(特にOffice)が使えること

OS(特にLinux)が使えること

DB(つまりSQL)が使えること

・バージョン管理(GitもしくはSVN)が使えること

・Webページまわり(つまりHTML、CSS、JavaScript)が使えること

・メジャーなプログラミング言語が少なくとも1つ習得できていること

※ プログラミング言語だけ、使えるではなく、習得と記載しています。

習得とは、そのスキルを熟知しており、使いこなせること。使えるぐらいのレベルは不十分。

あとは、一般的な社会人としての常識があれば、オッケーです。

 

専門用語について

このサイトでは、ITエンジニアが使う専門用語を使用しています。
アイコンがついている専門用語は、「知らないと恥ずかしいITエンジニアの用語集」ページに説明を記載しているので、専門用語の意味が解らない場合、リンクをタップして、説明を参照してください。

 

ITエンジニアになるための最低限必要なスキル

冒頭にも書きましたが、ITエンジニアとしては、技術面においては、プログラミングができるという以外に、最低限必要なスキルがあります。

未経験な方は、大変でしょうが、これが使えないのでは、いくらプログラミングができても、システムを開発することはできません。

1個1個説明します。

 

パソコン(特にOffice)が使えること

まぁ、これは、そうです。

エンジニアは、パソコン使って仕事します。。。

特にOfficeで、ExcelやWord、Powerpointは、プログラマーと言えど、毎日使います。

パソコンどれにしたらいいか?迷ったら、この記事参考にしてください。

フリーランスエンジニアがもつべきパソコン
フリーランスのエンジニアが持つべきパソコン

続きを見る

 

OS(特にLinux)が使えること

エンジニアが開発するシステムやサービスは、だいたいが、サーバと呼ばれるコンピューターに配置されます。

パソコンが、個人向けのコンピューターであるのに対し、サーバは、複数の人が使うコンピューターです。

このサーバに利用されるOSで最も多いのがLinuxとなります。

サーバは、ファイルやフォルダ等の考え方は、パソコンと同じですが、パソコンのようなデスクトップ環境ではなく、コマンドプロンプトにコマンドを入力して利用します。

サーバには、いろんな機能があり、突き詰めれば、かなりの勉強・経験が必要ですが、それらは、インフラエンジニアの仕事なので、普通のエンジニア(利用者)は、サーバへファイルを送信したり、サーバ上でファイルを移動したり、プログラムを実行したりできれば問題ありません。

使えるようになるというレベルで勉強は必要です。

OSとLinuxについて、基礎から学ぶなら、この記事見てください。


 

DB(つまりSQL)が使えること

エンジニアが開発するシステムやサービスでは、大半のシステムがDBを利用します。

DBを利用する際は、SQLというDBからデータを取り出したり、書き込んだりする言語を利用します。

SQLは、プログラミング言語の1個ではありますが、DBにあるデータの読み書きに特化するため、単純なプログラミング言語となります。

なお、DBもいろんな機能があり、突き詰めれば、かなりの勉強・経験が必要ですが、それらは、DBエンジニアの仕事なので、普通のエンジニア(利用者)は、DBのデータの読み書きができること、テーブル等の構成要素を変更できるといったDBを利用するための知識の習得だけで問題ありません。

DBとSQLについて、基礎から学ぶなら、この記事見てください。

DB 超入門
データベース(DB)ってなに?から始めるDBの基礎知識とSQLの使い方

続きを見る

 

バージョン管理(GitもしくはSVN)が使えること

システムやサービス開発で利用される様々構成要素(例えば、プログラムのソースコードやドキュメント、設定情報等)は、バージョン管理ソフトを利用して、バージョン管理されます。

バージョン管理ソフトは、ファイルの履歴を管理するだけでなく、複数の人が1つのファイルを変更するような場合でも、そのファイルの整合性を保つ機能などもあります。

バージョン管理ソフトは、アプリを利用して簡単に利用できるので、利用方法を習得しておきます。

今は、Gitというソフトが主流です。

少し前までは、SVNというソフトが主流でした。

どちらかを使えれば問題ありません。

今から勉強するなら、Gitです。

Gitの基礎を学ぶなら、この記事見てください。

Gitってなに?
Gitってなに?から始めるGitの基礎知識と使い方

続きを見る

 

Webページまわり(つまりHTML、CSS、JavaScript)が使えること

フロントエンジニアやWeb系のエンジニア以外であっても、Webページまわり(つまりHTML、CSS、JavaScript)が使えるレベルのスキルは必要です。

今時のシステムやサービスにおいて、Webページまわりを一切使用しないシステムはありません。

Webページまわり(つまりHTML、CSS、JavaScript)も、突き詰めれば、かなりの勉強・経験が必要ですが、それらは、フロントエンジニアの仕事なので、普通のエンジニアは、HTML、CSS、JavaScriptで、簡単なWebページが作れるレベルで問題ありません。

なお、フロントエンジニアやWeb系のエンジニアは、当然ですが、使いこなせるレベルの習得が必要です。

また、フロントエンジニアやWeb系のエンジニアは、JavaScriptも使いこなせるベルの習得が必要です。

HTMLの基礎を学ぶなら、この記事見てください。

HTMLってなに?
HTMLってなに?から始めるHTMLの基礎知識と使い方

続きを見る

CSSの基礎を学ぶなら、この記事見てください。

CSSってなに?から始めるCSSの基礎知識と使い方

続きを見る

JavaScriptの基礎を学ぶなら、この記事見てください。

Java Script ってなに?
JavaScriptってなに?から始めるJavaScriptの基礎知識と使い方

続きを見る

 

メジャーなプログラミング言語が少なくとも1つ習得できていること

エンジニアとして仕事をするためには、プログラミング言語を使って、プログラミングができることが必須です。

プログラム言語は、いろんな種類があり、多種多様です。

全てを使えるようになることは、現実的に困難です。

ですが、多種あるプログラム言語でも、特徴こそあるものの、基本的な考え方は、どれも同じなので、メジャーなプログラム言語を最低1個、習得できていれば問題ありません。

メジャーなプログラミング言語とは以下のような言語です。

・Java
・C/C++
・Go
・C#
・Python
・Php
・Ruby

アプリ開発がターゲットなら、このあたり

・Kotlin
・Swift

なお、先に書いたSQLや、Web系で利用されるHTML、CSS、JavaScriptもプログラミング言語と言えば、プログラミング言語ですが、領域や用途が限定されているので、習得しても、1個にカウントはできません。

JavaScriptを熟知していても、それだけでは不十分で、上記のメジャーなプログラミング言語を最低1個、習得しておく必要があります。

フロントエンジニアやWeb系であれば、上のようなメジャーなプログラミング言語に加えて、JavaScriptを習得する必要があります。

初めてのプログラム言語の選び方は、この記事見てください。

初めての プログラミング言語
ITエンジニアになるために最初に勉強すべきプログラミング言語

続きを見る

 

プログラミング以外のたくさんのスキル。どうやって習得するか?

未経験の方から見ると、プログラミング言語以外に、OSやDBやSQLとか、そんなにスキルが必要なのか?と思うかもしれません。

ですが、OSやDB、バージョン管理といったものは、所詮ツールであり、使うものなので、使い方を知るといった勉強となります。

現役のITエンジニアの人は、OSやDB、バージョン管理といったところは、常に使っているので、使い方を知っているというものです。

大工さんが、ノコギリ使うようなもんで、ノコギリの使い方を知っておけば良いというものです。

ある程度、これらのツールの使い方を理解したなら、プログラム言語の勉強の中で、OSやDBを使い、実践練習すると習得が早いです。

勉強というよりは、使うことになれる。という感じです。

具体的には、勉強で作ったプログラムであっても、バージョン管理ソフトを使って、バージョン管理をしたり、無料のサーバを借りて、サーバへアップしたり、Web上に公開したりすることで、これらの使い方を習得していくと良いでしょう。

 

なお、ここまでスキルの詳細を見てきて、自力、独学は無理そうと思った方は、プログラミングスクールに行くと良いです。

プログラミングスクールでも、当然、ITエンジニアに必要なスキル教えてくれます。

プログラミングスクールについては、この記事見てください。

あわせて読みたい
プログラミングスクールランキング(オンライン編)
【現役SEがおすすめする】実務に役立つプログラミングスクールランキング(オンライン編)

続きを見る

 
以上 「ITエンジニアになるための最低限必要なスキルセット」でした。

-ITエンジニア超入門

© 2021 CuF. Powered by AFFINGER5