フリーランス スタート

フリーランス

フリーランスエンジニアの案件探しは、フリーランススタートで全部解決。エージェント検索もできる。

2020年5月2日

 

hillpoint
エンジニア半分、ブロガー半分。
複業フリーランスのhillpointです。

 

今、フリーランスエンジニアの案件探しは、エージェントが主流です。

そして、フリーランス向けのエージェントも数が増えてきました。

エージェントごとに得意な分野や特徴があったりしますので、複数個のエージェントに登録して、案件探しをするというフリーランスもいるかと思います。

そんな中、なんと、国内45社以上のエージェントと提携し、フリーランスエンジニア案件123,995件を横断検索できるサイトがあるのをご存知ですか?

それ、国内最大級のフリーランス専用の求人案件検索エンジン【フリーランススタート】です。




 

hillpoint
なんと、まぁ〜
すごいサイトがあったもんです。

 

私も登録して、案件探しに利用しているので、特徴をお伝えします。
 

専門用語について

このサイトでは、ITエンジニアが使う専門用語を使用しています。
アイコンがついている専門用語は、「知らないと恥ずかしいITエンジニアの用語集」ページに説明を記載しているので、専門用語の意味が解らない場合、リンクをタップして、説明を参照してください。

 

フリーランススタートの概要

フリーランススタートは、複数のエージェントの案件情報を横断検索できる案件情報検索サイトです。

とても新しいサイトで、2019年にスタートしたばかり。

そして、このサイト、元フリーランスの3名でサービスを立ち上げたとのこと。

立ち上げ時のコメントがこちらです。

フリーランススタートのコメント

働き方改革や副業解禁によってフリーランスという働き方がよりメジャーになるに従い、案件サイトやエージェントが乱立した状況になっています。
一つのサイトに案件情報やエージェント情報を集約する事で、フリーランスの仕事探しの時間を軽減し、本業に集中できる時間を少しでも多く提供できればと思い、元フリーランスの3名でサービスを立ち上げました。

どのぐらい案件があるかと言うと、2020/5/2時点で、123,995件。

登録されているエージェントが106件。

主たるエージェントとして、下のエージェントが参加しています。

・レバテックフリーランス

・Midworks(ミッドワークス)

・ギークスジョブ(geechsjob)

その他、いろんな特徴のエージェントが多数参加しており、案件数も案件の種類も多種多様です。
 

フリーランススタートの特徴

すごい案件数

全国のフリーランスエンジニア案件が123,995件あり、カンタンに横断検索できます。

フリーランス 案件検索

フリーランススタートは、国内100社以上のフリーランスエージェントとコンタクトを取り、その中で45社以上のエージェントと提携しているとのこと。

エージェントと提携していることから、案件応募する時も、エージェントサイトで登録フォームや経歴書の入力を行う必要が無いというのもメリットです。
 

フリーランス向けのエージェントも探せる

フリーランススタートは、案件検索だけでなく、フリーランス向けのエージェント検索もできるんです。

フリーランススタート エージェント検索

フリーランスのエージェントって、まだ歴史も浅いことから、どこが良いのか?どんな特徴があるのか?いまいちわからないんです。

フリーランススタートでは、エージェントごとの特徴による検索ができるほか、口コミも見れるので、自分にあったエージェントが探せます。
 

フリーランスエンジニアに役立つ情報がいっぱい

フリーランスエンジニアのお役立ち情報には、ブログ形式で、日々、フリーランスに役立つ記事がアップされています。

フリーランススタート お役立ち情報

フリーランスエンジニアを応援してくれている!

この中には、開発言語別、エージェント別、職種別、都道府県別の最高単価、最低単価、平均単価、中央値単価などの案件相場が分析結果などが公開されています。
 

フリーランススタートのメリット・デメリット

メリット

会員登録しないでも、案件検索できる。

エージェントを横断検索してくれるので、複数のエージェントを介して、案件探ししないで良い。

妙なエージェントからの圧力もないので気が楽。

いろんなエージェントの案件があるので、いろんな案件が見れる・探せる。

見てるだけで楽しい。

エージェント検索と口コミが見れるので、エージェント選びも、このサイトでできる。
 

デメリット

案件ありすぎて、迷ってしまう。。。(デメリットか?)。

案件内容はあくまで概要。

実際の社名は公開されておらず、エージェントとコンタクトを取ってから詳細が解る。

それなら、信頼するエージェントがいるなら、エージェントから案件情報貰ったほうが楽かも。

私のような複業フリーランスは、週2、週3稼働やリモートの案件を探すのですが、あまり多くない。

どちらかと言うと、フルタイムベースで、週2、週3、リモートは、相談可といった内容が多い。

週2、週3稼働やリモートの案件を探すんだったら、ITプロパートナーズがいいです。


 

まとめ

フリーランスエンジニアになろうと思っている人、フリーランスエンジニアになったばっかの人には、名前の通り、フリーランスをスタートさせるための情報が全て揃う良いサイトです。

案件もエージェントも、いわば出会いですので、このサイトで出会い探しといった感じで検索してみるのが良いと思います。

経験豊富なフリーランスも、エージェント横断の案件検索は、興味があるところですが、加えて、エージェントの口コミは、要チェックです。

フリーランスのエージェントって、最近、いっぱいあるので。

エージェントによって、いろんな変化がありそうです。

案件情報だけじゃなくて、単価に関すること、マージンに関すること、エージェントの質やエージェントからサポートといったところも、口コミの対象になっています。

同じ仕事でも、エージェントが異なれば、単価や待遇が違うかもしれません。

より良い案件を探すことと同じぐらい、より良いエージェントとタッグを組むことが重要になってきています。

国内最大級のフリーランス専用の求人案件検索エンジン【フリーランススタート】は、こちらからどうぞ。




以上 「フリーランスエンジニアの案件探しは、フリーランススタートで全部解決。エージェント検索もできる。」でした。

フリーランススタート、運営会社のHP見ると、ほんとに3名しかのっていないんですよね。

これ、その元フリーランス3名で、フリーランススタート立ち上げた人なんでしょうねぇ。

同じフリーランスとして、すげぇ〜なと思います。

案件情報をどうやって入力しているんだろう?

RPAかな?

同じフリーランスとして、どうやって、このサービスの立ち上げたのか?のほうが興味あります。

-フリーランス

Copyright© Career Up Forum , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.