ITエンジニアの幸せとは?

キャリアアップ

ITエンジニアの幸せとは?ITエンジニアの不幸を裏返せば、幸せが見えてくる!

 

ITエンジニアのキャリアアップガイドとして、このブログを書いています。

記事の内容は、キャリアアップとして、ポジションアップや収入アップに関するが中心ですが、ふと、ITエンジニアにとっての幸せってなんだろう?と思いとどまりました。

 

管理人
そりゃ〜
ポジションもアップしたいし
収入もほしいですよ!

 

では、多額の収入とポジション
準備するから
超難案件やってくれない?
経営者

 

管理人
えええ・・・・
それは、大丈夫です。。。

 

あれ?

実は、ポジションも収入もいらないの?

 

あれ?

私も含め、ITエンジニアの幸せとは?なんでしょう?

 

ITエンジニアの幸せを考えるにあたり、まずは、ITエンジニアの不幸せ・・・考えてみます。

 

ITエンジニアの不幸せ

なぜかしら、ITエンジニアの不幸せは、バンバン思いつきます。

 

・毎日毎日、過度の残業、休日出勤

まさにIT土方。

でも・・・ひまはイヤ・・・というわがままな欲求です。

 

・毎日毎日、問題、障害、バグだらけ

これがあるから、残業・休日出勤になるわけですね。。。

 

・つらい仕事、面白くない仕事、退屈な仕事

実際、仕事というのは、面白い仕事だけじゃありませんが、一生、やるかと思うと・・・

つらいですね。

楽しい仕事、面白い仕事がいいですね。。。

 

ITエンジニアの不幸せから分かるITエンジニアの幸せ

ITエンジニアの不幸せを裏返してみましょう。

そう、それは、ITエンジニアの幸せにつながります。

 

・毎日毎日、過度の残業、休日出勤

(裏)基本、残業無し、やっても、少なめ。

そりゃ、仕事ですから、少し忙しくなる事はあるでしょう。

また、この仕事、成功させたいから!夢中になって!残業しちゃった・・・・みたいな残業なら、いいですね。。。

 

管理人
あ・・・これ、幸せだわ。

 

・毎日毎日、問題、障害、バグだらけ

(裏)問題・障害・バグはありません。あっても計画通りに対応済みです。

もちろん、システムやサービスに問題はつきものです。バグだけじゃなく、インフラトラブル等、エンジニアの努力だけでは防ぎきれない問題もあります。

ですが、最初から、計画に入れてあり、対応方法が決まっていて、計画通り対応できるなら、なんらストレスになりません。

 

・つらい仕事、面白くない仕事、退屈な仕事

(裏)楽しい仕事、面白い仕事、毎日がワクワク

自分のやりたかった仕事、やってみると楽しい仕事

毎日、仕事するのが楽しみ!

 

管理人
こんなこと、言ってみたい。。。

 

という事か・・・

エンジニアは、やはり、なにか、物作りが好きで、興味のあった分野、システム、サービスを作りたくて、エンジニアになっています。

そういったことがちゃんとできる会社で、適切な計画の中、もの作りに集中し、良い結果(⇒問題やバグがない)を得ることが幸せのようです。

確かに、私もそう思います。

しかし、エンジニアがそう願っても、なかなか、そんな幸せな状態にならない、今のIT業界にはあります。

 

ITエンジニアが不幸にならない対処方法

ITエンジニア歴、25年。PGからPMまで経験した私。

若輩ながら、ITエンジニアが不幸にならないよう、その対処方法を紹介します。

・毎日毎日、過度の残業、休日出勤

年中こんな感じって、人もいるかと思います。

もう、会社・部門、全体がこのような状態。悪しき伝統という方もおられるでしょう。

これ、今、労働基準法の改正により、違法となる可能性があります。

もう、それは、エンジニアだけの問題ではなくなりますし、会社としても、重大な問題・リスクです。

悪しき伝統を変えるべく、法律に基づいた対応を訴えてください。

 

定常的ではないにも関わらず、時期や案件によって、このような状態となるという方は、改善の余地があります。

その1つとして、次のこの項目です。

 

・毎日毎日、問題、障害、バグだらけ

予定・計画では、こんなはずじゃなかった・・・でしょう。

これに対応するために、連日連夜、残業・休日出勤なんて人もおられるでしょう。

品質問題。さまざまな要因があるでしょう。

この問題を対策するのは、簡単ではありませんが、これこそエンジニアの力の見せ所です。

もちろん、案件の背景、プロジェクト計画、他のエンジニアの能力等、自身だけの努力では、どうしようもない部分も多々あるでしょうが、こと、品質問題については、関係者全員が、改善する意思を持って、取り組まないと解消できない、大きな問題です。

王道としては、品質分析を行い、PDCAサイクルを回し、改善していくというのが一般的ですが、待ったなしの状態であれば、秘策があります。

 

品質問題改善の秘策

待ったなしの品質問題改善の秘策は、自動テスト・自動デプロイの導入です。

プロジェクトが混乱(問題が多発)している状態で、よくでる問題に、デグレとヒューマンエラー(操作ミス)があります。

この2つは、ただでさえ、問題解決に忙しい中、問題を増加させるとともに、対策として、更にエンジニアの手間を増やす対策が取られます。

今まで簡単に直せていた問題も、2重3重のチェックが必要となったり、様々な操作手順も、書面化、リハーサル、ダブルチェックといった手間が増えていきます。

結果、問題の解決速度、解決効率が落ち、いつまでたっても、終わらないプロジェクトとなっていきます。

まずは、自動テストと自動デプロイを導入できれば、本来の問題は発生するものの、余計な問題の発生を抑止することができます。

余計な問題とは、デグレとヒューマンエラー(操作ミス)のことです。

この余計な問題がでる前に、自動テストと自動デプロイを導入することで、問題の余計な肥大化を防ぎます。

プロジェクトを最悪の状態に陥れるのは、デグレとヒューマンエラー(操作ミス)です。

 

管理人
お客を激怒させるのも
この2つ。

 

一度出始めると、必ず、繰り返す問題も、この2つ。

元PMとしての見解は、エンジニアなんて、信用できない。

ヒューマンエラーを起こすぐらいなら、自動化してくれ。

逆にこの2つの問題が無ければ、いわゆるバグや設計問題は、お客にもちゃんと説明できるし、必死にならずとも、自分たちのペースで確実に潰していける。

 

・つらい仕事、面白くない仕事、退屈な仕事

やりたい仕事、面白くやれる仕事が、具体的にあるなら、「あの仕事がしたい!」と、事あるごとに口にすることです。

もし、その仕事が舞い込んだ時、上司たちは、「あいつ、やりたいって言ってたな」と「あいつにやらしてみるか」を考えます。

実際、そのような仕事につけるか、否かは保証できませんが、なにも言わず、候補にもあがらない事と比べると、大きな違いです。

 

どうしても、我慢できず、転職し、やりたい仕事、面白くやれる仕事に就く事も、当然ありです。

ただし、好きな事を仕事にするのは、想像以上に大変です。

あなたがやりたいと思った仕事は、おおよそ、他の人もやりたいと希望するような仕事でしょう。

大勢の人が、やりたいと希望する仕事、なりたいと希望する職種は、競争があり、収入も最初は低いケースが多々あります。

しっかりとリサーチして決断することをおすすめします。

 

 

管理人
ITエンジニアの幸せをつき詰めると
みんなが幸せになれます。

 

-キャリアアップ

Copyright© Career Up Forum , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.