無料の プログラミング スクール (1)

ITエンジニアへの道

【罠あり】無料のプログラミングスクールの仕組みと完全無料のプログラミングスクール教えます。

 

hillpoint
エンジニア半分、ブロガー半分。
複業フリーランスのhillpointです。

 

プログラミングスクールには、無料のものがあります。

IT業界で働きたいという方、プログラミングを学びたいって方で、お金が無いって人にはもってこいです。

ですが、無料で学べると言っておきながら、条件があって、条件が合致しなければ、有料となるスクールもあるんです。

なぜ?無料なのか?プログラミングスクールの仕組みとその条件を説明した上で、完全無料のプログラミングスクール紹介します。

 

専門用語について

このサイトでは、ITエンジニアが使う専門用語を使用しています。
アイコンがついている専門用語は、「知らないと恥ずかしいITエンジニアの用語集」ページに説明を記載しているので、専門用語の意味が解らない場合、リンクをタップして、説明を参照してください。

 

無料のプログラミングスクールは、なぜ無料なのか?

まず、学校・スクールであるのに、なぜ無料となるのか?そこには、当然理由があります。
 

無料の理由:プログラミングスクールが転職斡旋をして、報酬を得るから

無料のプログラミングスクールは、卒業する際、転職先の斡旋を行います。

受講者からしたら、ありがたいことです。

スクールとしても、企業にエンジニアを斡旋できることで、報酬が得れます。

これが無料の理由です。

通常、転職エージェントなどは、企業に、転職者の斡旋を行った場合、企業から、年収の30%ほどを報酬として受け取ります。

転職エージェントも、無料で、いろいろ転職先の紹介やお世話をしてくれるのは、この報酬があるからです。

プログラミングスクールも、同様に、企業にスクール卒業者を斡旋するわけです。

プログラミングスクールを卒業した時点では、エンジニアとして新人レベルなので、年収400万ぐらいだったとします。

スクールが得られる報酬が年収の30%だったとしても、報酬は約120万です。

プログラミングスクールの受講費用が、50万だったとしたら、差額の70万は利益となります。

この仕組みならば、プログラミングスクールは、より転職が成功したほうが良いし、企業が受け入れやすいよう、優秀なエンジニアを育成したほうが良いので、プログラミングスクールの教育に力を入れるでしょう。

転職者も、企業も、スクールも、Win-Winで、良いモデルです。

ですが・・・

つづきます。

 

無料のプログラミングスクールの罠

上で書いたように、なんか、みんなWin-Winで良い仕組みの無料のプログラミングスクールがある中、無料で学べると言っておきながら、条件があって、条件が合致しなければ、有料となるスクールがあるんです。

無料で学べるプログラミングスクールには、完全無料と転職できたら無料の2タイプあるんです。

完全無料

無料でスクールに入れて、プログラミングを教えてくれる。

転職斡旋してくれるが、転職できなかったとしても無料。

当然、転職できても、無料。

うん。うん。

このタイプがええんちゃう。

 

転職できたら無料(←これが罠)

このタイプは、お金を払うタイミングが異なる2つがあります。

① 無料でスクールに入るけど、転職できなかったら有料になる。

② 有料でスクールに入り、転職できたら、お金返してくれる。無料になる。

これ、2つとも、転職できなかったら、お金がかかるという点で、同じです。

これ、なんか、ずるくない?

そもそも、プログラミング勉強して、IT業界の企業に入ることを目的にスクールに入りました。

だれだって、転職できることを希望して、スクール入って、勉強します。

でも、お金ないから、転職先はスクールにまかすかわりに、無料でプログラミング教えてくれるスクールを選びました。

転職できたら、Win-Winなんやけど・・・

転職できんかったら、お金取られる?っておかしくない?

スクールだけ、Winやん。

これだと、スクールは、教育内容に手を抜いても、転職先探しに手を抜いても、Winしてしまう。

リスクは、お互いにとってるんだから、負けた時は、Lost-Lostにせんと。

せめて、半額請求とかじゃないとなぁ〜。

なんか不公平感じる!

これだったら、完全無料のほうがいいと思います。

 

無料のプログラミングスクールの注意ポイント

いろいろと、無料のプログラミングスクールの仕組みとタイプを説明してきました。

無料のプログラミングスクールには、罠があるということを伝えたいわけです。

無料のプログラミングスクールには、注意ポイントがいくらかあるので、それお伝えします。

無料となる条件をよくチェックすること

転職できたら無料となるのか?

転職できなくても無料となるのか?

そもそもプログラミングが、自分にはあわない・できないと思った時、どうなるのか?

斡旋してくれる転職先の情報もチェックすること

プログラミングスクールが、斡旋してくれる転職先の領域や求人情報等、事前によく確認しましょう。

転職先が数社しか選べないとか・・・

条件の悪い会社しかないとか・・・

行きたい会社、領域、なりたい姿等が、はっきりしている人は、無料のプログラミングスクールで、それが実現できるか?はよく調べて、聞いて決める必要があります。

指定の会社なり、グループ会社に入るタイプのものは、その会社・グループ会社が自分の希望にあうものか?確認しておくべきでしょう。

このタイプは、その会社にいくこと前提で、諸条件に加え、会社の雰囲気や離職率等、チェックしておくべきです。

完全無料のプログラミングスクール

転職エージェントのワークポートが運営している「みんスク」

みんスク

みんスク 公式サイト

IT/インターネット業界に強い転職エージェントのワークポートが運営するみんスクです。

転職エージェントとして、転職希望者の登録を待っているのではなく、プログラミングスクールを開き、未経験の転職者を集め、エンジニアとして転職できるよう育成して、転職市場に売り込んで行くわけですね。

収入元は、転職斡旋の報酬となりますが、転職エージェントが大元なので、転職先のバリエーションは多いでしょう。

項目内容
年齢制限記載なし
(ですが、若い人向けの感じ)
オンライン?通学?通学
(でも、自己学習形式)
エリア札幌、仙台、東京、横浜、
千葉、大宮、名古屋、京都、
大阪、神戸、岡山、広島、
福岡、小倉
期間PHPコース:80時間
Javaコース:90時間
インフラコース:20時間
主な学習スキル コース別

詳しくはこちら(公式サイト)

 

20代なら完全無料「GEEK JOB」

geekjob

20代対象のGEEK JOBです。

20代じゃない方は、一旦有料コースで入学して、転職決まったら、キャッシュバックがあります。

GEEK JOBは、20代なら完全無料ですが、違約金が発生する規約があります。

この規約に違反すると、違約金月額12万円。(3ヵ月36万円)が請求されるので注意してください。

(1) 開始日から14日間経過後に本人が自主退学した場合
(2) 終了日から30日間以内に自己応募または他社サービスを経て面接もしくは転職した場合
(3) 終了後1ヶ月以内に企業より採用内定通知が出たにも関わらず辞退した場合

項目内容
年齢制限20代は完全無料
※20代以外は、有料だが
転職できたらキャッシュバックあり
オンライン?通学?オンライン
※コロナの影響による
エリアオンラインなので全国
期間60日間
主な学習スキル Java・PHP・Rubyから1つ

詳しくはこちら(公式サイト)

 

システム開発会社が運営している0円スクール

0円スクール

【0円スクール(完全無料のJavaスクール)】

18歳以上35歳以下の方が対象です。

システム開発会社がスクールを開いて、プログラミングを教え、自分の会社やグループ会社の社員になってもらう。そんなコンセプトのスクールです。

カリキュラムは、自分の会社なりグループ会社で利用される技術を中心としたカリキュラムとなっているようです。

0円スクールでは、卒業すると、大半の人が、グループ会社のに転職するとのことです。

なお、0円スクールは、途中で退校しても違約金がありません。

良心的ですね。くるものを拒まず、さるもの追わず。

ITエンジニアは、ほんとに人手不足なので、ほんとにエンジニアをグループで育てて行こうという意思でやっているようですね。

項目内容
年齢制限18歳以上35歳以下
オンライン?通学?通学
エリア札幌、仙台、東京、名古屋
大阪、福岡
期間3ヵ月
主な学習スキル Java

詳しくはこちら(公式サイト)

以上 「【罠あり】無料のプログラミングスクールの仕組みと完全無料のプログラミングスクール教えます。」

-ITエンジニアへの道
-, ,

© 2021 CuF. Powered by AFFINGER5