無料のプログラミングスクール

SEのなり方

無料のプログラミングスクールの仕組みと選び方を教えます。

投稿日:2019年2月21日 更新日:

プログラミングスクールには、無料のものがあります。

SEになりたい、IT業界で働きたいという方、プログラミングを学びたいって方で、お金はあまり使いたくないって人には最適です。

なぜに?無料なのか?プログラミングスクールの仕組みと仕組みを理解した上でおすすめの無料プログラミングスクール紹介します。

無料のプログラミングスクールは、なぜ無料なのか?

無料には、当然仕組みがあります。

プログラミングスクールが転職斡旋をする

プログラミングスクールを卒業される際、転職の斡旋を行います。

転職斡旋は、正社員の場合、年収の30%ほどが報酬となります。

年収が、400万だった場合、報酬は、120万です。

プログラミングスクールの費用が、30万だったとしても、差額の90万は利益となります。

プログラミングスクールは、より転職が成功するよう、より実務に近いプログラミング技術習得のカリキュラムになるでしょう。

プログラミングを学び、IT業界で働きたいという人には持って来いですね。

おすすめは、これです。

20代や第2新卒という方であれば、GEEK JOB
です。




GEEK JOB 公式サイト

20代ではないという人。

正直、このタイプで、おすすめできるプログラミングスクール無いです。
無料のプログラミングスクールは、大半が20代をターゲットにしています。
有料のプログラミングスクールにいくか、IT業界未経験でも転職活動をサポートしてくれる転職エージェントがあるので、転職エージェントと相談したほうが良いです。

IT業界未経験でも転職活動をサポートしてくれる転職エージェントは、ワークポートです。

ワークポート 公式サイト

今は、総合的にやっているそうなんですが、これまで、IT/インターネット業界専門の転職エージェントとして、多数の実績があり、IT/インターネット業界の転職エージェントとしては珍しく、未経験者の転職もサポートしてくれる転職エージェントです。
次の章で記載しますが、プログラミングスクールもあります。

※でも、やっぱり、スクールは20代限定ですが・・・

20代の人も、プログラミングスクール選びとともに、ワークポートには、登録しておいて損は無いと思います。

転職エージェントがプログラミングスクールスクールを開き、転職者を集めている

転職エージェントとして、転職希望者の登録を待っているのではなく、プログラミングスクールを開き、未経験の転職者を集め、エンジニアとして転職できるよう育成して、転職市場に売り込んで行きます。

こちらも収入元は、転職斡旋の報酬となりますが、転職エージェントが大元なので、転職先のバリエーションは多いでしょう。

また、より転職が成功するよう、より実務に近いプログラミング技術習得のカリキュラムになるでしょう。

おすすめは、これです。

20代や第2新卒という方は、IT/インターネット業界に強い転職エージェントのワークポートが運営するみんスクです。

無料エンジニアスクールみんすく

みんスク 公式サイト

なんと言っても、転職エージェントがバックにいるので、転職先に不安がないですね。

20代ではないという人。

無料のプログラミングスクールでおすすめありません。

探せばあるかもしれませんが、無料となる条件や転職先等、あやしいです。おすすめできません。

なので、未経験でも転職活動をサポートしてくれる転職エージェントのワークポートに行ってください。

ワークポート 公式サイト

なんか、こればっかりですいません。

システム開発会社がスクールを開いて、自分の会社なりグループ会社に入ってもらう

システム開発会社がスクールを開いて、プログラミングを教え、自分の会社の社員になってもらう。

カリキュラムは、自分の会社なりグループ会社で利用される技術を中心としたカリキュラムとなります。

代表的なのが、【0円スクール(完全無料のJavaスクール)】です。




0円スクール公式サイト

このプログラミングスクールは、卒業すると、大半の人が、グループ会社の「バンキング・システムズ」に転職するとのことです。

「バンキング・システムズ」は、SES(客先常駐のエンジニアの期間契約ですね。)を中心としたシステム開発会社ですね。

バンキングとあることから、金融系が強いのかと思います。

「バンキング・システムズ」が自分の転職希望とあっている人は、願ったりかなったりです。

なお、0円スクールは、途中で退校しても違約金がありません。

良心的ですね。くるものを拒まず、さるもの追わず。

ITエンジニアは、ほんとに人手不足なので、ほんとにエンジニアをグループで育てて行こうという意思でやっているようですね。

また、Javaのスクールとなるようで、金融系はJavaが多いので、実務に役立つカリキュラムになっているのだろうと思います。

無料のプログラミングスクールの注意ポイント

まず、無料となる条件をよくチェックしておくべきでしょう。

転職できたら無料となるのか?転職できなくても無料となるのか?

そもそもプログラミングは、自分にはあわない・できないと思った時、どうなるのか?

また、転職の斡旋をしてくれるタイプのプログラミングスクールは、転職斡旋の領域や求人情報等、事前に確認しておくべきでしょう。

転職先が数社しか選べないとか・・・(無いと思いますが・・・)

条件の悪い会社しかないとか・・・

行きたい会社、領域、なりたい姿等が、はっきりしている人は、無料のプログラミングスクールで、それが実現できるか?はよく調べて、聞いて決める必要があります。

自分の会社なりグループ会社に入るタイプのものは、その会社・グループ会社が自分の希望にあうものか?確認しておくべきでしょう。

このタイプは、その会社にいくこと前提で、諸条件に加え、会社の雰囲気や離職率等、チェックしておくべきです。

以上 「無料のプログラミングスクールの仕組みと選び方を教えます。」

ただより高いものなし。無料のプログラミングスクールは、仕組みをよく理解して、両者にメリットがあると思える場合のみ、利用しましょう。

もし、ちょっと勉強してみたいだけっていうなら、ドットインストール(https://dotinstall.com/)を見てみましょう。
これは、スクールではなくて、自主学習といったものです。

ぶっちゃけ、IT業界未経験でも転職活動をサポートしてくれる転職エージェントのワークポートで相談するのが一番賢いような気もします。

以上「無料のプログラミングスクールの仕組みと選び方を教えます。」でした。

-SEのなり方
-, ,

Copyright© SEのキャリアアップフォーラム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.