SEの転職マニュアル

内定から入社まで。内定貰って、ほっと一安心。いえいえ、ここから年収交渉ですよ。

投稿日:2018年12月16日 更新日:

最終面談を終え、数日後、内定連絡を受け取ります。

おめでとうございます。

はぁ〜。良かった。ほっと一息。

いえいえ、まだ早いです。

入社まで、まだまだいろいろやることあります。

内定から入社までの大まかな流れ

内定から入社までの大まかな流れは以下です。

内定連絡を受ける

条件を再確認し、内定通知へ返事

入社日を決める

雇用契約を結ぶ

お入社

内定連絡をもらった詳細条件を確認する

詳細条件なぞと書きましたが、気になるのは、給料でしょう。年収です。

だいたい、最終面談あたりで、希望年収について聞かれていると思います。

内定連絡とともに、雇用条件通知書といった形で、諸条件が記載されているので確認してください。

希望通りのものであれば、なんら問題ありません。
内定通知に対し、入社承諾の返事をしましょう。

年収が希望額より低いという場合、あか〜ん辞退と言う前に、相談しましょう。

内定連絡後、年収の交渉する場合の相談事項

こんなことを相談してほしい。

・まずは、エージェントと相談

エージェントから、提示年収と希望年収の差異の理由や交渉の余地等、相談しましょう。

自身の問題もあれば、会社の規則、その会社の給料テーブルによるものかもしれません。

まずは理由を知りましょう。

・交渉の余地があるのであれば、交渉に入りましょう。

もちろん、エージェントと相談しながら交渉しましょう。

内定後に、条件面談(オファー面談)という面談がある会社があります。

こういった面談があるのであれば、その面談にて、理由に対する見解・策・根拠を添えて、交渉しましょう。

しかし、過度の額面アップの交渉や強引な交渉は控えましょう。

企業は、当然、独自の給料テーブルがあります。そりゃ当然です。
能力給制度を取っていても、役割・スキルにより、給料額を決めるテーブルがあります。
採用担当者は、会社規約、評価ルール、給料テーブルにしたがって、年収を提示しています。
それに逆らって、給料を多くすることはできません。

提示された年収は、その会社からあなたへの評価というものになります。

真摯にとらえ、どうしても、提示された年収・条件が許容できない場合は、辞退しましょう。

入社日の決定

すでに離職済みであれば、入社日は決めるだけです。

まだ在職中であれば、退職予定を決めるのが先でしょう。

正直、SEに取って、転職先を探すことより、現職を退職するほうが大変ですからね。

退職については、この記事を見てください。

SEの転職マニュアル

SE・ITエンジニアのスマートな退職方法。退職には、良い退職と悪い退職があります。

2018/12/02    ,

SE・ITエンジニアにとって、一番悩ましいのは、退職です。 会社や上司にとって、社員が退職してしまうのは、ツライことですが、その退職の中にも、良い退職(まぁ仕方ないと思える退職)理由と悪い退職(これは ...

雇用契約を結ぶ

はい、ここが最終決定ポイントです。

契約を結んだら、もう辞退とかはできません。

複数個内定をもらっていたり、強力希望でなかった会社の内定であった場合は、よ〜く考えて決めましょう。

実は、私、自身の転職活動にて、何社か内定をもらっておりましたが、どうも、会社員に戻る決意がつかず、フリーランスの道を歩んでいます。

しかし、やはり、会社員になること、組織やチームで仕事をすることについても、魅力を感じていないわけでなく、将来、また会社員に戻ることもあるかなと思っています。

このSEの転職フォーラムで、「フリーランスのなり方」も書いていこうと思いますので、もし、同じような気持ちの方がいたら、立ち寄ってください。

ゆっくり書いているので、少々先になるかとは思いますが、乞うご期待!

お入社

おめでとうございます!

もちろんですが、ここからスタートです。

新しい会社、新しい環境、新しい同僚、新人になった気分に戻って、頑張ってください。

いやぁ〜 転職もいいもんだ。

だって、こんな気分、学校卒業して、初めて会社に入社した時以来でしょ。

以上 「STEP9:内定から入社まで。内定貰って、ほっと一安心。いえいえ、まだまだやること盛りだくさん。」でした。

SEの転職マニュアル ステップリンク

-SEの転職マニュアル
-, ,

Copyright© SEのキャリアップフォーラム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.