SEのなり方

未経験者がシステムエンジニア(SE)になるには?ハローワークの求職者支援訓練を受けてみるといい。

投稿日:

ひょんなことから、24年続けたSEを退職したおれ。

転職は、IT業界でない分野を目指している。

今、ITを利用しない業界、企業はもうないだろう。

SEの技術を持ったSEでない業種になりたいと思って転職活動をしている。

そんなおれが、もし、元SEで無かったとしたら、今、SEになるのが、いいんじゃないか?と思う。

なぜ、今SEになるのが良いか?

理由① 高年収

2017年の日本人の平均年収は418万円。
30代で、455万円。

40代で、541万円。
だって。

いろんな業種があるが、これが平均だと思うと・・・
SEは、まぁこれ以上の年収が見込めるだろう。
おれも、平均よりは上の年収でSEをしていた。

理由② 人材不足

IT業界は、まだまだ人手不足にあり。
今や、ITを利用しない業界、企業など無いし、AIやIoTといった新技術の導入・活用等、まだまだ開発者が必要とされている。

理由③ 働きやすい環境への変化

少し前までは、SEというのは、ブラックな仕事であった。

SE歴24年。
深夜残業、休日出勤、徹夜と鬼のように働いていた時期は、まぁある。

相手がコンピューターという目に見えるような見えないような・・・
そいつのおもりに手を焼いたことも多々あった。

昨今、開発手法、管理手法が年々進歩したことやコンプライアンス・労働基準法の影響により
かなりホワイト化してきた。

残業・休日出勤は、月間で一定時間以上はできない。

SE・PGとしての生みの苦しみは、当然あるものの・・・
昔のように、過度の残業、徹夜、休出といった労働は、もう少ないだろう。

今後も、より働きやすい環境への変化が進むだろう。

今、技術、知識がない人であってもSEになることは、ぜんぜん可能。

SEになるなら、今がいいんじゃないか?と思う。

SE歴24年のプロがSEのなり方、教えます。

そもそも、SEってなに?

SEとは、システムエンジニアの略。
SEの主な役割は、システムの設計者である。

IT業界での一番メジャーな仕事はシステムを開発すること。

システム開発にあたり、SEは、システムの中身を設計する人である。

設計図として、仕様書と呼ばれるドキュメントを作成する。

この仕様書をPGと呼ばれるプログラマーに渡し、プログラマーは仕様書に従い、システムに搭載するプログラムを作る。

システム開発にあたっては、プロジェクトチームが結成され、多数のSE・PGで構成される。

また、SE・PG以外にもPM、PLといったメンバーもいるがPM,PLについては、後述する。

まず、SEになる王道は、PGと呼ばれるプログラマーになるのが良い。

PGで経験を積み、SEとなる。

 では、PGになるには?

PGの主な仕事は、SEが作った仕様書に従い、プラグラムを作ること。

プログラミング言語の知識を持ちり、プログラムを作れることが求められる。

PGになるには、通常、新卒者であれば、入社後2~3ヵ月は、研修となり、プログラム言語の研修を行う。

研修後も、一定期間はOJT(On-the-Job Training)として、先輩やトレーナーに付き、見習いとして、実際の業務をやりながら、勉強しながら、技術を身に着ける。

技術、知識がない人が転職するには、どうするか?

プログラミング技術を習得するのは、書籍やWebサイトなんかで、独学で習得することは可能であるが、プロのレベルに到達するのは、かなり難しい。

転職組にオススメな方法は、以下2つ

 未経験者可のPG募集の求人に応募する。

未経験者可としている会社は、入社後、新入社員同様の研修を行ってくれ、その後も自社開発案件等で、OJT的に、実際のシステム開発案件をベースとして、技術の習得を支援してくれる会社があるんだ。

そう、そのぐらい、IT業界は人手不足にある。

まったくの素人を給料を払って、技術を習得させてくれるメリットは、計り知れない。

IT業界、PGやSEというのは、経験が命。

数ある案件やプロジェクトに、参画できるか否かは、まずは経験がチェックされる。

まずは、こういった会社で、実務経験を積む。

その後、仕事の内容なり、待遇面で、ステップアップを目指すのであれば、ここで得た経験を持って、次のステップへ進むと良い。

簡単に言うと
技術を得たら、また、転職すれば良いということだ。

未経験者可としている会社は、大きな会社でないだろう。

知名度も低く、給料も安いかもしれん。

この手の会社は、自社で開発はしておらず、他の会社や客先へのエンジニアを派遣するタイプの会社も多いだろう。

教えてもらったことには感謝しつつも、より大きな舞台へステップアップを目指す。

 ハローワークの求職者支援訓練を受ける。

求職者支援訓練で、そんな技術を教えてくれるのか?と思うだろうが

おれも見て、びっくりしたのだが、こんな訓練(講座)がいっぱいあるんだ。

・Webデザイナー・クリエイター養成
・Java言語、フレームワーク習得
・ゲーム・アプリクリエイター養成
・Webディレクター・マーケティング養成

一個、サンプルで、訓練の内容を紹介すると

=== Webデザイナー・クリエイター科 ===
期間:6ヵ月 9:00~15:30
総訓練時間:約600時間
学科:
・Webデザイン概論
・インターネット概論
実技:
・イラストレーター、フォトショップ制作実習
・Webデザイン最新トレンド実習
HTML5,CSS3,jQueryによるレスポンシブWebデザインによる
スマートデバイス対応サイト講習実習
・Webサイト制作応用実習
Webサイトの企画・立案、プレゼンテーション演習
画像、動画等素材要素の作成、デザイン演習

これが、ほぼタダで受講できる。
条件によっては、手当もでる。

この内容、自分でお金払って受講するとなると、数十万はかかる。

実は、これ、おれも狙っている。
フリーランスのエンジニア、クリエーター、アフェリエイターになる気であれば、この内容は、知っておいて損はない内容だ。

転職において、元の会社を退職後、次の仕事に着くまで、半年間、仕事をせず、勉強できるという余裕があるのであれば、受講して、一気にフリーランスのエンジニアになってしまうことも可能である。

PGからSEへのなり方

晴れて、PGになり、プログラム開発を始めたなら、とにかく案件をこなし、経験を積むことである。

PGは、最初の最初は、SEに言われた通りのプログラムを作る人から始まるのだが、そのうち、そのプログラムを知り尽くした人(自分で作ったんだから、そりゃそうだ)になり、次にその機能を知り尽くした人になる。

そうこうしてると、担当のSEより、その機能について、詳しくなっているだろう。

次の改造案件、開発案件では、SEとして設計してくれといった話になっていく。

また、いち早くSEを目指すのであれば、そのプログラム、機能、システムについて誰がなんのために利用し、どんなアウトプット、メリットを生み出すのか?考えながら、プログラミングすることを行ってほしい。

自然と設計者の視点が身に付き、SEに近づくだろう。

簡単に言うと、PGが成長し、設計できるようになった姿がSEである。

PGにも、いろんな種類があり、皆がSEになるわけでない。

PGには、こんなPGもいる。

・専業プログラマー
純粋に、プログラミングスキルを上げ、プログラマーとしてのレベルをアップしていくやつ。
SEにはならない・向かないタイプ。

この手のプログラマーは、トップレベルになると、考えられないスピードとアイデアでシステム、プログラマーを完成させる。魔法使い、ウィザード級とか呼ばれる。

天才肌、変わった人、オタクな人が多い。人付き合いがちょっと苦手な感じ。

・SEPG
SEのスキル・視点を持ち、自身で設計を行うが、プログラミングも行う。

SE・PG間での仕様に関する認識齟齬が発生しない。

小さなシステム・機能であれば、自分一人で、全部作れてしまう。

SEとして設計もできるんだが、プログラミングが好きで、プログラミングもやっていたいというやつ。

やると解るんだが、プログラミングってやつは、面白いんだ。
物を作る面白さ。出来れば、ずっと、やっていたいという気持ちは、おれにもある。

晴れてSEとなったら

PGを卒業しSEになったSEは、システムの設計にあたり、できる/できないが判断できる。

これは思った以上に重要で、システムには簡単にできることと、簡単にはできないことがある。

それを理解せずに、客の言うがままを設計していたのでは、システム開発はうまくいかないのである。

晴れてSEになっても、最新の技術は常に勉強し続ける必要がある。

SEとして、活躍が進むと、PL、PMへのステップアップも可能となる。

責任が重くなるが、収入も高くなる。

PLとは、プロジェクトリーダの略。
システム開発は、複数のチームで行われる。1チーム複数名で構成されるチームやチームの複合体のリーダ。IT業界では、上級なイメージ

PMとは、プロジェクトマネージャーの略。
システム開発全体の管理者、責任者。1番偉い人。IT業界では、特級なイメージ。

以上 「SEのなり方。SE歴24年のエンジニアが語るIT業界への転職方法。」でした。

SEに強い!おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

なんと言ってもリクルートです。最大手の転職エージェント。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、IT業界だけでなく、異業種に転職を考えている人にも万全です。

2位 マイナビエージェント×IT

マイナビエージェントは、マイナビが運営するIT・Web業界に特化した転職エージェントです。社内SEにも注力しています。また、20代、第2新卒向け求人も多数あり、強みとしています。

3位 レバテックキャリア

レバテックキャリアはエンジニア転職に特化したエージェントです。特に首都圏・関西、福岡のSE求人に強いです。数多くの優良企業と長期的な信頼関係を築いています。

-SEのなり方

Copyright© SEの転職フォーラム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.